【英検対策】2級受験について思い出してみる

先日、ぼーっとしてたら英検2級から早くも2年が経とうとしている、という記事を書きました。実際、英検2級に合格するために必要なことは何だったのか思い出してみたいと思います。英検準1級を受ける場合、その対策にもなりますし。

正直、英検の試験対策をしたのは1か月ほどです。ふと思い立って締め切りぎりぎりで申し込んだため、それまでは英検についてはちんぷんかんぷんでしたし、どのグレードがどのようなレベルなのかも知りませんでした。

英語力のレベルとして、3級が中学卒業レベル、準2級が高校中級、2級が高校卒業レベルと言われています。もちろん現役の学生で普通に合格していますので、わざわざアラフォー男が紹介するまでもないですが、「大人になってから英語を勉強しているので英検でも受けてみよう」という方を想定して参考になりそうなことを思い出して書いてみます。

①まずは、公式サイトで級の確認を

初めて英検を受ける人は、自分がどの級を受けるのか決める必要があります。実力を測るには、公式サイトに過去問が掲載されていますので、そこで知ることができます。中学の時の4級しか合格していない私は、ここで2級受験を決心しました。

http://www.eiken.or.jp/eiken/exam/

②大事なのは語彙力

具体的な対策ですが、2級を受けた感じではそれ相応の語彙力が必要だということがわかりました。2級の場合4000~5000語ということです。正確に測ったわけではありませんが、過去問や本番試験の単語はほぼ理解できたと記憶しています。

どうやって語彙力をつけるか、ですが、私の場合、英検を受ける決心をする前から「iKnow!」というスマホアプリの音読を延々と続けていました。通勤時間ですので、1日20~30分ほどでしょうか。

ちょっとした時間のアプリ活用は英語の学習としてはかなり有効だと思っています。英語に限っては机でガリガリやらなくても全然大丈夫です。とにかく聞いて、音読です!

受験を決めてから、念のため定番の「でる順パス単」を買いました。

これです↓

③過去問が大事

私の場合、試験1か月前になってから過去問に取り組みました。過去問は絶対にやるべきです。ネットで調べても誰もが実践しています。何度も繰り返して解き、答え合わせをして手ごたえを確認します。間違った問題は解説を読んでしっかり覚えます。

私は1次試験が1月、2次試験が2月だったので、息子を学校まで送っていった(冬季は雪のため)あとに時間があり、コンビニの駐車場で過去問を解いたり見直したりしていました。

これを使いました。おススメです↓

④2次試験対策

2次試験は、私が最も恐れていた面接試験です。2級の合格率は8割ということでよほど大失敗をしない限り合格する感じでしょうか。ただ、対策は絶対に必要です。落ちている人は、おそらく対策なしで臨んだのではないでしょうか。

2次試験用に、本番の流れに即した問題集が売っていますので、それを繰り返して流れを掴むことです。

2次試験は、受けるまでの緊張感が嫌な感じですね。本番当日は、周りは女子高生ばかりですごく浮いていた気がします。

ちなみに私はこれを使いました↓

準1級もまず必要なのは語彙力だと思いますし、過去問を繰り返し説くことは必須です。

英検を受けるみなさん、頑張って合格をつかみましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする