楽しんでいるうちに身につく英語⑤

楽しんでいるうちに身につく英語シリーズのしめくくりとして、個人的に究極ではないかと思う英語環境があります。

それは、ゲームです。

英語圏のオンラインゲームの世界に身を投じ、英語でのVC(ボイスチャット)やテキチャ(テキストチャット)で英語力を鍛えるというもの。

英語圏のゲーム世界に身を置くことは、英語圏でリアルな生活することに非常に似ているのではないかと思っています。なぜなら生き抜くためにコミュニケーションが必須となる点が同じだから。

ただし、問題点は考えただけでいくつもあります。例えば、ゲームの世界で通用するスラングや専門用語がわかりません。日本語のオンラインゲームですら、しゃべっている内容がさっぱり分からなかったりします。しかもリアルな世界ではまったく無駄な知識です。

また、英語が話せない人に対してはきっと優しくしてくれないでしょう。なぜならゲームに集中したいのに話もできない人間は邪魔で仕方がないはずだから。英語学習者だからやさしくしようというゲームの住人は少ないのではないでしょうか。

英語版オンラインゲームで、ゲームを楽しみながら英語力が強化されるというのは理想ですが、相当の英語力がないと現実的ではないかもしれません。

ここまで書いてふと思ったのですが、昔、セカンドライフという仮想世界が流行り、自分もアバターを作ってやってみたことがあります。この世界はゲームではなくコミュニケーションが中心で、カタコトの英語でチャットしながら英語圏の人と話をしていた記憶があります。英語圏の人もすごく優しく接してくれていました。

ぜひもっと英語力をつけて、こういった趣味の世界でも英語圏の人とコミュニケーションがとれるようになりたいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする