多読にはkindleが便利か

「Magic Tree house」シリーズを読破しようと多読を再開。誤算だったのは、分からない単語がかなり多く苦戦を強いられているということ。
“児童向け小説に頻出するが日本の英語学習ではあまり見かけない単語”というのがかなりあるようだ。
さらに上のレベルで始めなくてよかった。

Kindle版だからこそなんとか読んでいるが、これがペーパーバックだったら挫折していたかもしれないというギリギリの難易度、というのが実際のところ。
分からない単語はその場で長押しすればすぐに調べられるし、調べた単語は自動的に単語帳に記録されるというKindleならではの便利機能があればこそ、スムーズに読み進めることができる。

magic tree house はこちら!

あと洋書に限ってかもしれないが、Kindle版の場合、紙の本よりアマゾンポイントの付与率が異常に高い。
こうなると、ペーパバックを買う意味はほとんどなくなってくる。

ということで「Magic Tree House」シリーズと、次に予定している「A to Z Mysteries」シリーズは少なくともKindle版で読むことになるだろう。
自分が持っているKindleペーパーホワイトは結構古いので新しいやつが欲しい。かなり快適になっているだろうな。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする