「社会人英語部の衝撃」を読んだ

「社会人英語部の衝撃」という本を読んだ。TOEICに特化した勉強を続ける社会人たちの話。

賛否両論あると思うが、自分的にはそれなりにためになったし、モチベーションもちょっと戻った。
一番の収穫は、よく言われている「TOEICは日本と韓国くらいしかやっていないテストだから意味がない」とか、「攻略法を身につければスコアは伸びるのであまり正確ではない」という外野の雑音が自分も間に受けていたことに気づいたこと。

不健康な人が、健康診断で良い判定がもらえないのと同じように、英語ができない人はTOEICでは絶対にスコアは上がらない。逆に、健康な人は必ず健康診断の結果も良いし、英語が出来ている人は、TOEICの対策などしなくても必ずスコアは高い。だから、英語を伸ばすための目標としてTOEICのスコアを上げることは全く無駄ではないし間違っていないのだろう。
むしろ漠然と「英語が聞けて読めて話せるようになりたい」という目標に向かうよりは、TOEICスコアの方が明確な目標と言える。間違いなく、その先にあるものは結局目指したい自分とブレていないのだから。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする