TOEIC申し込んだ!

11月18日のTOEICに申し込んだ。
特別な対策をして残り2ヶ月弱をマップから離れるのは本末転倒だが、受けると決まった以上、気になって仕方がない。

過去問を数回分解けば傾向もつかめるかと思い、早速amazonで検索すると、値段が高い。
結構評価も高いようだが、やるのとやらないのとではそんなに差が出るのだろうか。これだけで点数が伸びるのだろうか。
公式問題集だけあって、「それなりのお金を払った人にはそれなりの点数に結びつくエッセンスを提供しますよ」というビジネスの匂いがしないでもない。

TOEICはテクニックや頻出項目の習得で点数が伸びるため、対策をしたものが勝ちとよく聞くが、それが本当なら、TOEICで測る英語力って一体なんだろうって思ってしまう。とにかくスコアが欲しい人が必死でTOEIC対策をすると、本当の英語力とスコアは乖離するのだろうか。

まあ、自分のスコアが低いのは火を見るより明らかなので偉そうなことは言いたくない。まずはマップに沿った学習のバロメーターとして利用したいと思う。無体策ということでなく、TOEIC対策のみの勉強法では臨まないということ。今はマップからは脱線しない。

で、一応目標スコアを決めたいと思う。1年前のスコアを300くらいとして(実際はもっと低いかも)、1年間頑張ったという期待も込めて、

500

敵を知らない今の時点で無理かどうか判断がつかないが、なんとなく、出したいスコア。

受験までの教材は、
・ぐんぐん
・スラスラおかわり
・DUO
・ビジュアル英文解釈Ⅰ
・シリウスジュニア

多いな。文法問題集は解いてトレーニングが4週終わったのでシリウスジュニアにチェンジ。
新たにビジュアル英文解釈Ⅰを加えた。
時間がないのに教材を増やすのも如何かと思うが、いろいろ思い悩むより、今やりたい教材をやろうと思う。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする