東京出張

3日と4日は東京出張だったので、新幹線の中で「ネイティブスピーカーの英文法絶対基礎力」を読んでいた。
chapter3まで読んだが、気楽に読み進めることができたし、考え方として「なるほど」と思うこともいくつもあった。

そういえば、「どんどん」では関係代名詞目的格(人)の場合は whom を使っていたが、この本によると whom はもう使われなくなっている古い疑問詞だそうだ。今は人なら主格・目的格関係なく who でいいらしい。
なので関係詞は that 以外だと、下の3つで良いということになる。
who 人の主格・目的格
which 人以外の主格・目的格
whose 所有格すべて

余裕があればいろんな人の解説を読んだほうがいいのかもしれない。余裕はないが。

まあ、何はともあれ中古で500円ほどで買った本なので十分にもとはとったと思う。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする