「山口英文法講義の実況中継」を読み返す

英文が書けないということも理由の一つなのですが、英文を読むときも、これまでは知っている単語をつなぎ合わせてほぼ勢いで読んでるという状況なので、ちゃんと英文法を理解して納得して読み書きしたいと思うようになりました。

シリウスなど大学入試用の英文法問題集をやることも考えていますが、まずは英文法の基礎をもう一度見直すことにしました。そこで、何年か前に一度は読んだ「山口英文法」を読み返すことにしました。

初っ端から山口先生が言っているように、知っている単語をつなぎ合わせて適当に物語を作ってはいけない、そして、常に文型を意識しないといけないということに、まさに今の自分がそうだ!と思い、最後までじっくり読むことを決意しました。

ひとまず1巻の半分くらいまで読み進めましたが、以前読んだときより断然面白く、理解できます。分からない箇所などはほぼありません。勉強というよりも、読み物を読んでいる感覚なので全く苦じゃないです。
予備校の講義内容をそのまま本にしたような内容で、口語体で書かれています。これは好きずきでしょう。

内容も、理解しづらいポイントを非常にわかりやすく口語体で説明してあり個人的には読んでいて楽しいです。講義を受けているような感じです。もちろん英文法の全知識が掲載されているとは思えませんが、大学入試の視点でおさえたいポイントは網羅されていそうです。

この本は、今は改訂されているようです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする