そもそもスキマ時間しか勉強できないってどうなの

もともとは、隙間時間を有効活用したいと思い、「英語でもやるか」という感じで始めたわけですが、ぼんやり勉強しているうちに、いつの間にかもっともっと早くスキルアップしたいという欲が出てきました。まぁこれは大変良いことですが。

スキルアップをするにはそれなりの勉強時間が必要になります。スキルアップの度合いにもよりますが、英語上達完全マップでいうところの「使える英語」をモノにするには、他にいくつも趣味があって片手間にやるのはご法度だということです。

人に「すごい!」と言わせるような使える英語を身につけるには、他にいくつも趣味を持っていて英語にかける時間が1日20分しかない、なんていうのは論外で、仕事の次に英語を優先することが必要ということです。

もちろん、私も他人にアッと言わせるような英語力が欲しいわけですが、そうなると勉強時間の絶対量が足りていません。

隙間時間の有効活用で始めた英語ですが、隙間時間だけでは到達できない目標を持ってしまったのです。現状、1日の隙間時間を英語の勉強に充てて、合計1時間だったとしても、これくらいの勉強時間ではペーパーバックを難なく読みこなすまでに定年を迎えてしまうんじゃないかと思います。

とにかく、「隙間時間しか勉強時間がない」というのが自分の目標に見合っていないと感じています。何とかして「勉強のための時間」を確保したいと思う今日この頃です。

まぁ、会社に13時間もいるようでは難しいですが。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする