英検やTOEICは無意味?

「使える英語をモノにしたいのなら英検やTOEICの勉強をしても無駄だ」

みたいなことを聞いたことありませんか?私はよく周りから聞いたりネットで見かけたりします。これの意味って、

「旅行やビジネスシーンにおいて、実践的な英語でコミュニケーションをとるなら別の勉強方法が良い」とか、「TOEICや英検という国内でしか通用しない資格は取得する意味がない」ということなのかなと思っています。

私の場合、というかみんなそうだと思うのですが、英語を勉強する究極の目標は「ネイティブのように英語がペラペラになる」事じゃないでしょうか?なれるかどうかは別として。でもそれには長期的な計画、勉強が必要ですよね。そうなると、短期的、中期的な目標が有効になってきます。

「使える英語をモノにしたいのなら英検やTOEICの勉強をしても無駄だ」は、別の言い方をすると、「英検取得級やTOEICスコアが高いからといって実践的な英語が使えるわけではない」ということになると思います。確かにそうだと思います。大昔にまぐれで取得した英検がいつまでもその人の実力を示すものではないかも知れません。

ですがこれは、「学歴が高いからといって仕事ができるわけではない」というのと同じですよね。学歴がいくら高くても仕事のうだつが上がらない人はたくさんいます。逆に大学など出なくても起業をして大成功を収める人もたくさんいます(大企業の就職は学歴重視なので不利ですが)。

そうなると、「いい大学を出たい」「大企業に就職したい」というのはその人の名誉的、タイトル的な話になり、「独立したい」「お金を稼ぎたい」というのはその人の実践的、生活的な話になります。つまりタイトルとしての英検を取得したとしても、それは本物の英語力ではないですが、本物の英語力を得るための短期的・中期的な目標としての英検は意味があると思うのです。

本物の英語力をつけるその過程で、英語力を測定するためのツールとして捉えるなら大いに意味がありますが、就職や入試で有利に働くからという目的で英検やTOEICを捉えてしまうと、本物の英語力という観点からは意味がない

ということでしょうか。

私の場合、

・総合的な英語力を高めたい

・最終目標に至るまでの自分の実力を定期的に確認したい(または他人に最低これくらいはできるんだなと認識してもらいたい)

ということで、せっかく英語を勉強しているのなら英検やTOEICは活用した方がいいかなと考えています。今更自分のスペックを示すタイトル的なものとして捉える方が意味がないですから。

あと、中期的・短期的な目標がないと日々の勉強もだらだらしてしまいますしね(自分だけか…)。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする