パス単と文単を併用する

パス単の周回をぼちぼち続けていますが、これを完璧にしてから次に進もうとしても時間だけが過ぎてしまい、ほかの教材に手がつけられない恐れがあります。

最初は分からなすぎて泣けてきた「出る度B」ですが、そこまでボロボロな感じではなくなってきたため、そろそろ「文で覚える単熟語(文単)」も併用しようと思っています。

文単もボキャビル教材ですが、こちらは長文なので、英語上達完全マップの音読パッケージのような感じで、ひたすら音読を繰り返したいです。そう、音声だけを聴きながら完璧にシャドーイングできるようになるまで、です。

もちろん、パス単も同様に続けて、なるべく多くの語彙を覚えるようにします。

これを、ひとまず3月いっぱいは続け、その時の状況でまたその後の対策を考えたいです。

問題は、時間です。

英語以外の自分の時間をなるべく英語に充てていかないといけませんが、何しろ頑張っても寝る前の1時間くらいといったところです。まぁ、後悔しないためにもそこを攻めないとかないかも知れません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする