英検準1級の教材2冊追加で準備万端!

ブックオフでたまたま見つけたので英検準1級用の教材を2冊追加しました。2014年の「英検準1級語彙・イディオム問題500」と「英検準1級長文読解問題120」です。数年前のものですが全く気にしません。書き込みなどもなく綺麗でした。

値段はどちらも税込108円!笑。

別に欲しかったわけではありませんが、2冊買っても216円なら損はないかなと思い購入。長文用の問題はあったほうが良いかもしれませんし。

この2冊については、今すぐに始めるつもりはありません。ひとまず準1級の知識をインプットしてから、アウトプットを兼ねて定着させるために使いたいと思います。

結局のところ、これまでに買った英検準1級用のテキストを並べるとこうなりました↓

見事に旺文社のシリーズで5冊揃いました。英検教材といえば旺文社の独断場なのでしょうか。他の出版社の教材もありますが、どうなんでしょうか。

「でる順パス単」と「文で覚える単熟語」は新品で購入していますが、あとの3冊は中古で格安で購入しています。

結局、準備だけは万端になった感じです。

揃えただけで満足していても仕方がないので、とにかく進めていきます。

進め方としては、過去問を1〜2回やったら「でる順」と「文単」でストイックに音読をして、それから108円の問題集2冊をやるという流れでしょうか。試験直前(1ヶ月前くらい)になれば、6回分の過去問をやる予定です。

あと、スマホアプリの教材やDUOは通勤や隙間時間に引き続きやりますし、その前にForest通読もまだ終えていません。途中でやめるのは精神的に嫌なので、とりあえず先にさっさとやってしまいます。

予定を立てるのは楽しいしやる気も出るのですが、それを継続していくのが大変なのはよく分かっています。なんとか継続して合格を勝ち取りたいと思います。

こうやって自分を追い込んでいくのはどうなんだろうと思いつつ…。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする