とりあえず英検準一級の過去問を解いてみた

英検準1級を受けるにあたり、まずは過去問(2013年年度第1回)を解いてみました。時間は正確に測っていません。

点数は、52点でした。

ちなみにこの回の合格点は68点らしいです。

正直、この点数が何を意味するのかわかりません。全く手応えがないのかと思っていましたが、筆記に関してはちんぷんかんぷんという事はなく、それなりに手応えを感じています。

初めてやってみた結果、半分はできました。だけど7割取らないと合格しないので、これからこの20点を埋めるためのトレーニングが始まります。5ヶ月の間に自信を持って合格できるまでにはそれ相当の勉強が必要です。

今回、問題点が語彙力だけでなくリスニングにある事もわかりました。リスニングは34点中14点と、壊滅的にできませんでした。初めてで慣れていないとはいえ、やはりリスニングはトレーニングと解くための対策が必要です。

また準1級はライティングもあります(今は2級でもあるはずです)。配点は14点ありますが、自分では評価がよく分からなかったので5点としました。

必要なのは語彙力、リスニング力、長文読解力、ライティング力です。

…全部ですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする